Voice

お客様の声

※個人情報保護の観点から、
お名前を伏せてご紹介しています。

ナショナルチーム選手

視野が狭いのは自分でも自覚はしていました。実際にビジョントレーニングをしてみて、左目の動きが悪いことを知ることができた事、そして今後視野を広くしていくことをするために、眼のトレーニングをしっかりしていきたいと思います。ナショナルチーム選考会に向けて頑張ります!

プロビーチバレー選手

技術や身体以外にも視力のトレーニングをすることで、パフォーマンスの向上につながることが体感できました。まずは基本トレーニングを続けようと思います。

アーチェリー選手

非常にためになりました。アーチェリーのユーチングで役に立ちそうなことが多かったです。セットアップ時に目が上がって、上体が上がることが多いのでトレーニングで修正していきたいと思います。

整体師

眼のトレーニングで身体の機能と脳の関係を興味深く学べました。仕事でもつかえるように、自分の能力開発にもぜひ役立てたいと思います。

特別支援学級教諭

学習につまづきのある生徒、黒板の文字を書き取ることが苦手な生徒、文字の形が取れない生徒がこのようなトレーニングで改善されていくとすると、学ばなければ!!と思います。講義で、自分の身体(眼)もなるほど、と思い当たる点が多々あります。ありがとうございました。

発達促進サークル代表

すぐ実践できることが、たくさん見直しができました。また、発達や困り感から掘り下げていくと視知覚、眼にたどりつき、そこへのアプローチが効果的だと感じました。ありがとうございました。

中学校教諭

目をきたえることと、身体の動き、また脳にまで影響がこんなにも大きいことに大変驚きました。教育現場でもスポーツだけでなく集中力も高まり、学習面でも活用できそうだなと感じました。

集中・自信・パフォーマンスを
最大限高めるための

4つの
アプローチ

痛みから解放する
ボディコンディショニング

人間の感覚の90%を司る
目の動きにアプローチ
ビジョントレーニング

カラダ全体のバランスを整える
コオーディネーション
トレーニング

本番に強いしなやかな
メンタルを作る
メンタルトレーニング

どのメニューが
自分に合うのか分からない方は
こちらから
セルフチェックできます